脂質異常症を予防するには生活習慣を改善する

会社の健康診断などで悪玉コレステロールの数値が高く、脂質異常症と診断された方も少なくないです。
脂質異常症といっても痛みがあるわけでもなく特に自覚症状があるわけでもないので見逃されがちです。
しかし放置しておくと動脈硬化になり、脳卒中や心筋梗塞を発症する可能性が高くなるリスクがあるのです。
そして脂質異常症が起こる原因は普段の生活習慣にあるのです。
暴飲暴食を続けていてはいつかは病気になるので、まず食生活の改善が必要となります。
野菜や魚や肉や炭水化物をバランスよく食べて、ほどほどの量に抑えておくことです。
食材の種類は多くして偏食は避けることが大事です。
また外食はなるべく避けて、自宅で調理して食べるようにすることです。
それから喫煙の習慣があるなら禁煙することです。
タバコは血管を傷つけ血がドロドロになるので、動脈硬化が進行してしまうのです。
またアルコールの摂りすぎは血圧を上げて中性脂肪を増やし、脂質異常症の原因になるので控えめにしておくことです。